曳舟で整体なら「もんま接骨院」へ

梨状筋症候群

施術

梨状筋症候群 専門】

なぜ、こんなにも
梨状筋症候群が根本改善
再発予防されるのか?

 

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 朝起きる時に腰が重く痛みが走る
  • 座っている姿勢から立ち上がる時に腰が固まって痛みが走る
  • 物を持ち上げようとしてかがんだ時に腰に痛みが走る
  • 前かがみの姿勢(顔を洗う、掃除機をかける、台所仕事)を取ると腰に痛みが走る
  • 常に腰が重い感じがする
  • 歩いていると腰が重くなり歩くのがつらくなる
  • ゴルフをした後に腰が痛くなる
  • 車に乗ると腰が固まって痛みが走る、降りたときも辛い
  • 股関節に違和感があり痛みが走る
  • お尻から太もも、足にかけて痺れて痛みが出る(坐骨神経痛)
  • 急に腰に激痛が走り動けなくなった(ぎっくり腰)

やじるし

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

全国の有名整骨院が絶賛

 

 

お客様の喜びの声が
信頼の証です!

 

「仕事に専念できるようになりました」

長年腰痛、脚のしびれで悩んでいて、整形外科で診てもらうと梨状筋症候群や坐骨神経痛だといわれ薬など服用する治療に専念していましたが回復しませんでした。他にもいろいろな治療院に通ってみましたが自分には合っていませんでした。知り合いの紹介でお世話になったもんま接骨院の院長先生の施術を受けケアを続けるうちに徐々に回復し、さらに私の状態に応じて治療方法を考えて頂き、お陰さまで元気になり仕事に専念できるようになりました。

(Nさん)

※効果には個人差があります

「今では走れるようにもなりました」

足の膝が痛みだし、むくみも出始めたので友人からの紹介で来院しました。それ以前から右足が痛みで歩けなくなり整形外科や整体に行ったりしましたが、右足から左足も痛みだし悩んでいました。治療をしてもらい今では走れるようにもなりました。完全に治って感謝しています。

(Yさん)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも梨状筋症候群が
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

腰が痛い

梨状筋症候群と診断されたら、西洋医学ではどう治療する?

実は、梨状筋症候群はレントゲンやMRIでは診断することができません。
骨や神経の異常ではなく筋肉の緊張や萎縮・硬化状態は、画像で判断することが困難なのです。

そのため、骨にも神経にも異常がない場合、とりあえずの診断として、梨状筋症候群ということにされるのです。

その後、実際に足をひねったり上げたりすることで痛みを確認し、正式に「梨状筋症候群」という診断をするのですが、仮の診断名がそのまま病名になるというのも不思議な話です。
「色々調べたけれど、原因はわかりませんでした…。」
という診断が下されたということです。
その後は安静にしつつ抗炎症系鎮痛剤や湿布をし、それでも効果が感じられない場合は神経ブロック注射を行います。
梨状筋の緊張をほぐすために弛緩剤を使用したり、リハビリテーションで温熱療法や低周波療法を行ったりすることもあります。
最終的な手段としては梨状筋を切除し、坐骨神経が圧迫されないようにする手術が選択されます。

レントゲン、MRIでわからないと梨状筋症候群?

梨状筋症候群と一言でいっても、実際には色々な症状があります。
お尻のほっぺあたりが痛い、太ももの裏から足先までしびれる、寝る時にしびれている方を上にするとさらにしびれる、電流が走るようにビリビリした痛みが走るといったように、痛みも部位も違います。

しかし、レントゲンやMRIではほとんど異常がないということがよくあります。
逆に、画像診断でははっきり梨状筋症候群の所見が出ているにも関わらず、全く痛みやしびれがない人もいます。

これは梨状筋症候群に限ったことではなく、レントゲンやCT、MRIでの画像と患者さんの自覚症状が一致しないことは整形外科の世界では非常によくあることで、「一致することはたった20%程度である。」と整形外科学会が発表しています。
つまり、画像診断の所見は正確ではなく、各整形外科医の判断に任されているということです。
東洋医学ではありえないことです。

画像だけでは診断しない!東洋医学は人体を画像で捉えきれない「動くもの」と考える

身体というものは、たとえ眠っていてもどこかしら動いているものです。
しかし、レントゲンではある角度からの静止画ですから、撮る角度・位置によって写らないことがあります。

骨折ですら、靭帯や骨膜に損傷がなく、骨がずれていないと気づかれないこともあるそうです。
ですので、レントゲンやMRIでの画像だけで診断するのは無理があるのです。

 

 

症状についての説明 

腰が痛い女性

梨状筋症候群とは、お尻の筋肉の1つである「梨状筋」の機能障害によっておこる様々な症状の総称です。

症候群という名前は、1つの症状をさすものではなく関連する様々な症状をまとめた表現です。

その為、梨状筋症候群とは梨状筋の機能障害によって起こる症状全般を指します。

梨状筋とは、お尻の筋肉の中でも最深部にある筋肉です。

梨状筋は「深層外旋六筋」と呼ばれる筋肉のうちの一つで、梨状筋のほかに内閉鎖筋・外閉鎖筋・上双子筋・下双子筋・大腿方形筋があります。

この深層外旋六筋の中でも特に大きな筋肉が梨状筋です。

また、梨状筋の近くには足へ繋がる神経が多く通っており、梨状筋に何らかの問題が起こるとこの神経が圧迫されてしまい、神経症状と呼ばれる足の痺れなどが起こります。

特に影響を受けやすいのが「坐骨神経」です。

梨状筋症候群という名前よりも「坐骨神経痛」の方がかなりメジャーだと思います。

この坐骨神経痛も梨状筋症候群で起こる症状の1つです。

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアのように背骨に何らかの問題があり、坐骨神経痛の症状が出る場合もありますが、実はこの梨状筋症候群で坐骨神経痛の症状が出ている場合も多いと言われています。

 

 

原因

腰の痛み

いわゆる背骨は椎骨と呼ばれる24個の骨が積み木のように重なって脊柱を形成しています。
この椎骨と椎骨の間には椎間板とよばれる軟骨があり、普段はクッションの役割をはたしています。
しかし、背骨に対して正しい荷重をかけていない、激しい運動などで椎間板が外に飛び出してしまい、神経を圧迫し、激しい痛みやしびれを引き起こすことがあります。

このように、腰痛やお尻の痛み、足先に放散する痛み、シビレ、足に力が入らなくなった状態を腰椎椎間板ヘルニアと言います。
しかし、腰椎椎間板ヘルニアというわけでもないのに、常に臀部の奥から太ももの裏側にかけて痛みやシビレを感じている人は少なくありません。
そのような場合は、一度、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)を疑う必要があります。

 

なぜ梨状筋症候群になってしまうのか?

梨状筋(りじょうきん)という筋肉をご存じの方は少ないと思います。
梨状筋とは臀部を構成する筋肉の一つで臀部の深部にある筋肉(いわゆるインナーマッスル)です。

実はこの梨状筋と坐骨神経の間には密接な関係があり、梨状筋に問題があるとその同側の坐骨神経に問題があるケースが多く見られます。
梨状筋症候群の症状は先にも述べたとおり臀部から大腿部後面にかけての痛みとシビレですが、特に臀部の奥がビリビリした神経的な痛みが慢性的に続きます。
このような症状から腰椎椎間板ヘルニアと独自に判断する人が多いのですが、特徴は椎間板ヘルニアのように腰部の痛みを伴いませんし、痛みやシビレが膝までで下腿部や足部に及ぶことはありません。

勿論、梨状筋症候群の方がいくら椎間板ヘルニアの治療を行ったとしても一向に改善されることはありません。

 

そもそもなぜ、梨状筋に問題があると坐骨神経の症状が現れる可能性があるのでしょうか?

本来、坐骨神経は梨状筋の下を通っており、梨状筋が坐骨神経を圧迫することは少ないのですがスポーツ選手、特にランニングなどの股関節の屈伸運動を頻繁にされる人や立ち仕事、車の運転など長時間同じ姿勢をとっている人、臀部の筋肉が異常に拘縮(こうしゅく)している人は梨状筋が坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛の症状を引き起こしてしまうことがあります。また普段の歩行量が少ない方。正しい歩行が出来ていない方は特に症状が出やすくなります。

また、先天的に梨状筋が坐骨神経を圧迫しやすい方もいます。

急性の梨状筋症候群は安静にするのが先決ですが、痛みが特にひどい場合は神経ブロックや時には梨状筋を切断し、坐骨神経の圧迫を軽減させる手術が用いられることがあります。

慢性的な梨状筋症候群の場合は正しい歩行を行うことで症状が解消される場合もあります。

 

 

当院での改善法

骨盤・姿勢矯正コース

当院は、湿布やマッサージ・ストレッチといった表面的な治療は行っていません。

現段階の患者様の辛い症状は、たまたまではなく「なるべくして」今のお身体

の状態になり、その背景には患者様の過去のライフスタイル(歩く・スポーツ・

生活の中の繰り返し動作)が今日の患者様のお身体を作ってきたと考えています。

当院で行う治療は、これまで15~22歳までの

《ヒトとして一番の活動期》=『動けていた頃』を取り戻し、その頃のお身体を作ることにフォーカスしています。

『動けていた頃』すなわち『歩けていた頃』

『歩けていた頃』の身体=『滑らかに動ける骨盤』

なので、滑らかに動ける骨盤になるよう骨盤にアプローチしています。

 

『骨盤の潤滑を促す施術』

『骨盤の潤滑を促す施術』、その方法は

①歩くことで骨盤を動かす

②治療としての運動療法

2つを合わせた治療が当院の強みでもある根本治療です。

私の治療と当院の運動療法をすればするほど

『歩けていたあの頃の身体』に一歩一歩確実に近づいていきます。

先ほどの説明でもありましたが、臀部の筋肉が異常に拘縮(こうしゅく)している人は梨状筋が坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛の症状を引き起こしてしまうことがあります。また普段の歩行量が少ない方。正しい歩行が出来ていない方は特に症状が出やすくなります。痛み、しびれが出る前の自分を思い出してみてください。移動は自転車や車ばかりではありませんか?お尻の筋肉を緩めるだけでは改善しませんよ。まずは『歩ける身体』です。一緒に歩けるようにしませんか?

100%の自信を持って、あなたの身体をちゃんと『歩ける身体』へ戻し、全力で改善へと導いていきますので是非私にお任せください!!

 

 

お試しキャンペーン

 

7月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

もんま式整体コース

2セット 1,980円
(通常 1回 7,000円×2回=14,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:0336162312予約フォーム 夜20時まで営業/京成曳舟駅 徒歩8分

 

 

なんで2回で1980円なの?

 

悩む女性

  • 1回では本当に良くなるかわからない・・・
  • そもそもどんな所か良くわからない・・・

たしかに、一度施術を受けただけで「ここに通ってみよう」と決めるのも「任せてみよう」と決断することも難しいと思います。

そこで、当院では2回1,980円で試していただこうと思いました。

これならあなたにあった施術かどうか、費用の負担を気にせず十分に試せると思います。

あなたがつらい時、困った時に任せられるかどうかご判断ください。

 

 

本物の技術、その違いを
実感して頂きたい

 

IMG_7037

当院では、整骨院でよくある、5分間マッサージするだけ、電気を当てるだけの施術は行っておりません。

なぜなら、1回の料金が安く感じても、たった5分の施術で根本改善に導くのが難しいからです。

結局、治らなければお金や時間、通う労力も全くの無駄となります。

ひょっとすると、当院の施術は保険と比べたら高く感じるのかも知れません。しかし、それはじっくり時間をかけて、高い技術を使って根本改善へと導くためです。

ずっと良くならない痛みでお悩みの方、他院ではどうにもならない方は是非一度ご相談ください。

 

 

医療関係者・専門家も 当院の技術を絶賛!

 

 

他院とはどこが違う?

やじるし

も ん ま 接 骨 院 の
8の特徴

 

1. 初回約30分のカウンセリング&検査で徹底的に原因を特定

カウンセリング

痛みの本当の原因を特定することが、根本改善への近道。しっかりお話を伺いながら、お身体の状態を把握していきます。

 

 

2. 痛くない!安心安全の優しい整体

痛くない整体

妊娠中の方や、お子様からご年配の方まで安心して受けて頂ける、非常にソフトな施術です。

 

 

3. のべ6万症例を改善してきた院長をはじめベテランの治療家が施術

骨盤・姿勢矯正コース

豊富な知識と高い技術を持ったベテランの治療家が施術しますのでご安心ください

 

 

4. 再発予防もバッチリ!充実のアフターフォロー

アフターケア

更なる施術効果のアップと再発予防のため、普段の食事や睡眠、歩行や運動などのセルフケア指導も充実。

 

 

5. 全身を整える施術だから様々な効果が期待できます

様々な効果

「痩せやすい身体」「運動や仕事のパフォーマンスUP」「ポッコリお腹改善」「ヒップアップ」「ウエストサイズダウン」…など様々な効果が!

 

 

6. 院長は全国の治療家に技術指導しています

セミナー

業界内でも症状改善の技術が評判!当院院長が主催の技術セミナーには、全国から多くの治療家が参加しています。

 

 

7. 多くの雑誌で紹介される東京でも有名な接骨院です

ee01f060-746a-11e8-bef3-0b59db2b7258_ee023e80-746a-11e8-bef3-0b59db2b7258_thumb

当院は人気女性誌mina(ミーナ)やからだにいいことなどでも紹介される、東京でも指折りの接骨院です。

 

 

8. 完全予約制なのでお待たせしません

完全予約制

お客様をお待たせする事がないよう、完全予約制を採用しております。

 

 

お試しキャンペーン

 

7月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

もんま式整体コース

2セット 1,980円
(通常 1回 7,000円×2回=14,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:0336162312予約フォーム夜20時まで営業/京成曳舟駅 徒歩8分

 

 

曳舟で整体なら「もんま接骨院」へ PAGETOP