曳舟で整体なら「もんま接骨院」へ

すべり症

施術

すべり症 専門】

なぜ、こんなにも
すべり症が根本改善
再発予防されるのか?

 

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 腰をそらすと腰が痛くなる
  • 前かがみにすると腰が楽になる
  • 立っていられず、スグに座りたくなる
  • 足にシビレがある
  • 常に腰に不安感がある
  • 夜中トイレに行くときに痛く歩けない
  • 同じ姿勢から動くときに痛い
  • 長時間立っていると腰が痛くなる
  • 病院でうまく付き合っていくしかないと言われて諦めてしまっている

やじるし

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

全国の有名整骨院が絶賛

 

 

お客様の喜びの声が
信頼の証です!

 

「歩いても痛みやしびれがでなくなってきました」

学生の頃スポーツをすると腰が痛かったので病院で診てもらうと腰のすべり症だと言われました。その後気を付けていると、痛みは出なかったのですが、去年出産後に腰の痛みが出始めて、ひどい時は足のしびれもありました。病院や近くの整骨院でマッサージをしてもらうと、その時は良くてもすぐ戻ってしまい悩んでいました。そんな時にこちらのチラシを見て、同じように悩んでいる人が改善しているならと通院してみました。先生に施術してもらい、自宅で歩行と教えていただいた運動を頑張って続けているうちに少しずつ歩く時間も増えてきて、歩いても痛みやしびれがでなくなってきました。今では安心して次の出産の考えられます。ありがとうございました。

(Nさん)

※効果には個人差があります

「患者の状態に応じた的確な治療」

以前から腰は病院ですべり症だといわれ、治らないと諦めていました。肩も上がらないほど痛みが出た時に病院に行って湿布をもらったけれど良くならず、娘にもんま接骨院を紹介してもらいました。
先生は話をよく聞いてくださって、患者の状態に応じた的確な治療をしてくださいます。日常生活の姿勢から運動まで指導してくださり、今は痛い所も改善され、月に1回必ず通院してケアしています。

(Nさん)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにもすべり症が
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

腰の痛み

あなたがしてきた治療法と効果が出なかった理由

薬物療法(痛み止め、筋弛緩薬)

薬物療法(痛み止め、筋弛緩薬)
薬物療法では「痛み止め」や「筋弛緩薬」などが処方されます。
あくまでも一時的に痛みを止めるための治療ですので薬を飲み続けても、腰椎分離・すべり症による痛み・しびれは改善されません。常用している方は副作用がありますので気をつけてくださいね。

ブロック注射

おしりから足にかけての痛み・しびれが強い場合には、ブロック注射で神経を麻痺させ症状を和らげることがあります。
こちらもその場しのぎもので痛みが和らいでも、治ったと勘違いしてしまって日常の生活で腰に負担をかければ症状は再び強く出てきますのでご注意ください。

 

コルセット

子どもの分離症では、急性期であれば骨がくっつく可能性があるので整形外科で固定するためのコルセットを作り6か月ほど着用します。
大人では、家事や仕事中にコルセットをすることで腰の負担をサポートすることで、痛みが和らぐ場合があります。
ただ、コルセットはあくまでも腰の負担の軽減なので、症状を起こしている原因の改善にはなりません。また、歩行において大切な役割を持っている骨盤の動きを制限することになります。

 

手術

薬物療法、ブロック注射、コルセットでも症状が果改善しない場合、手術がすすめられます。
薬物療法やブロック注射は症状の緩和であって原因から改善するものではないので、痛みが改善されなくても慌てないでください。
手術をすすめられても落ち着いて考えましょう。
症状を起こしている本当の原因から改善していけば、手術をせずに症状が改善されていく場合もあります。

 

症状についての説明 

腰が痛い女性

脊椎の「分離」とは、積み重なった椎骨の前側の骨(椎体)と後ろ側の骨(椎弓)をつなぐ部分が折れて離れてしまうものです。腰椎の下部、特に第5腰椎に多く起こります。クラブ活動で活発にスポーツを行っている中高生に多く起こり、過度の負荷がかかり続けたことによる疲労骨折と考えられています。特に捻る動作や思いっきり背中を反らす動作を繰り返すと起こりやすいと言えます。

腰椎に分離やすべりが起これば青少年期に腰痛を起こすことが多いのですが、痛みはあっても骨折のためだと気づかず、治療しないケースも少なくありません。そのまま痛みが出ない人もいますが、30~40歳代になってから、重い荷物を持ったり、スポーツをしたりして、負荷がかかった時に分離症やすべり症を起こすこともあります。

痛みが出るのは、骨折して離れた部分がくっつかないままの状態で残り、腰椎が不安定になって、分離部で炎症を起こしたりそこを通る神経を刺激したりするためです。

脊椎分離症の症状は主に腰痛です。
多くは腰のあたりの鈍い痛みで、痛みのある部位が比較的にはっきりしています。長時間「立ち続け」「座り続け」「歩き続け」た時や、「重労働をしたあと」などに痛みやすく、後ろに反るような姿勢を取ると、特に痛みが強くなるのが特徴です。

すべり症が起こると、腰痛ばかりでなく、脚の痛みやしびれが現れます。お尻から脚にかけて痛む、いわゆる坐骨神経痛で、多くは左右片側に起こります。時に脚の筋力低下が起こることもあります。

分離があっても症状のなかった人が、すべりが生じて発症することもあります。ただし分離すべりが起きても、症状が出るとは限りません。一方すべりが大きく、神経の通り道である脊柱管がゆがむと、脚の痛みやしびれで長く歩けなくなる間欠性跛行が現れることもあります。間欠性跛行があれば、腰椎脊柱管狭窄症といえます。

そのほか、すべりが大きい部分の背中がへっこんで段差が出来、その下の骨が出っ張ったように感じられることもあります。

 

 

原因

腰痛

腰椎すべり症の原因

脊椎分離がある人の一部に、分離部が広がって、「すべり」が起こることがあります。

すべりとは、積み重なった椎骨の椎体の位置が前方か後方のどちらかへずれた状態をいいます。多くは腰椎に起こる前方すべりです。背骨はもともと緩やかなカーブを描いて弯曲しているため、何らかの原因で支えが弱くなるとすべってしまうのです。ずれが大きくなって神経を刺激したり圧迫したりすると、症状が現れ、脊椎すべり症と呼ばれます。脊椎分離があるために起こるのが分離すべり症で、脊椎分離症のある人の10~20%ほどに起きています。

その他、脊椎すべり症には、脊椎を支える組織の老化によっておこる変性すべり症、先天的な骨の形の異常による先天性すべり症などの種類があります。変性すべり症は中高年の女性に多く、腰部脊柱管狭窄症の主な原因のひとつです。先天性すべり症は大抵子供の時に見つかります。

ケガや事故によるもの
ケガや事故が原因で起こるケースもあり、外傷性すべり症と言います。
スキーなどで転倒したり、高いところからの転落により、大きな力が腰に加わり、腰椎を骨折し不安定になり、さらに腰椎を前にすべらせてしまうと腰椎すべり症になります。

他の病気の影響によるもの
腰痛だと思っていたら、他の病気が潜んでいたというケースも多いです。
悪性の腫瘍や感染症を発症していると、腰椎が破壊されて不安定になります。
それによって、腰椎が前にすべった場合は、腰椎すべり症となります。

 

 

当院での改善法

骨盤・姿勢矯正コース

これだけやっておけば大丈夫ということは、人の体においては多くはないのです。

それだけに私どもが行なっていく改善方法の第一歩は、あなたの生活環境や過去のケガ・病歴・スポーツ歴・仕事環境・交通事故歴など、今の身体を作っている歴史を把握させていただくことから始まります。

次に疾病形成因子という、本来あなたの持っている治そうとする力、自然治癒力を妨げている力を取り除いていくことを一緒に考えていきます。

これはご自身で気がつきそうで動作の意味や体に与える影響を、人間工学など、動作解析にもとづき考えていく必要があるために非常に重要な意味があります。また、すべて一度に覚えることや変えていくことはとても難しいです。

なぜなら、あなたが長年当たり前としてやってきたこと・考えてたこと・取り組んできたこと・良かれと思って続けてきたことであるからです。ですので、これは慎重にできるところ、やれるところからひとつずつ取り組んで頂きやすいカタチで提案していきます。

 

すべり症に対しての直接アプローチ

脊柱全体の連動した捻れや縦の動き・横の動きが出るようにしていきます。そのために必要なことは、脊柱(背骨全体のこと)全体が一体となって大きく動くために土台となる骨盤(特に仙骨)の動きや傾きが重要です。

この動きの改善のためには、ズレや歪みを見るのではなく、関節している部分の滑動状態を改善していきます。これを潤滑させるといいますが、この潤滑状態が作られたうえで、防御反応として固くなってしまった梨状筋などの筋肉や、それらを機能的につなぐ、筋連帯・筋膜といった部分にも動きの制御に繋がっているのであればそれらを解除していきます。時間経過とともに、お尻周りの筋組織や椎体にある軟骨などの柔らかい組織は『変性』といって元の状態とは違った組織変化を起こし、回復まで時間がかかります。

組織再生のために、その働きが必要なとされるカタチも修復されるという生物全体の法則:要不要の法則にしたがい、『機能(はたらき)を要請(使うからそれに必要な状態を呼び起こす)する』目的で栄養面のアドバイスや、身体を作るうえで必要な生理的で安全な運動を行なっていきます。

また、これらはアドバイスの中に組み込まれているため、来ていただいている時に行うものもあれば、ご自身で取り組んでもらうものまで合わせると、160種類以上のバリエーションがあります。それらを補助的に行いつつも実際の施術中心に体力や変化量・ほかの症状との兼ね合いに合わせた必要量に応じて選んでいく、オーダーメイドの施術を行います。

 

 

お試しキャンペーン

 

7月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

もんま式整体コース

2セット 1,980円
(通常 1回 7,000円×2回=14,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:0336162312予約フォーム 夜20時まで営業/京成曳舟駅 徒歩8分

 

 

なんで2回で1980円なの?

 

悩む女性

  • 1回では本当に良くなるかわからない・・・
  • そもそもどんな所か良くわからない・・・

たしかに、一度施術を受けただけで「ここに通ってみよう」と決めるのも「任せてみよう」と決断することも難しいと思います。

そこで、当院では2回1,980円で試していただこうと思いました。

これならあなたにあった施術かどうか、費用の負担を気にせず十分に試せると思います。

あなたがつらい時、困った時に任せられるかどうかご判断ください。

 

 

本物の技術、その違いを
実感して頂きたい

 

IMG_7037

当院では、整骨院でよくある、5分間マッサージするだけ、電気を当てるだけの施術は行っておりません。

なぜなら、1回の料金が安く感じても、たった5分の施術で根本改善に導くのが難しいからです。

結局、治らなければお金や時間、通う労力も全くの無駄となります。

ひょっとすると、当院の施術は保険と比べたら高く感じるのかも知れません。しかし、それはじっくり時間をかけて、高い技術を使って根本改善へと導くためです。

ずっと良くならない痛みでお悩みの方、他院ではどうにもならない方は是非一度ご相談ください。

 

 

医療関係者・専門家も 当院の技術を絶賛!

 

 

他院とはどこが違う?

やじるし

も ん ま 接 骨 院 の
8の特徴

 

1. 初回約30分のカウンセリング&検査で徹底的に原因を特定

カウンセリング

痛みの本当の原因を特定することが、根本改善への近道。しっかりお話を伺いながら、お身体の状態を把握していきます。

 

 

2. 痛くない!安心安全の優しい整体

痛くない整体

妊娠中の方や、お子様からご年配の方まで安心して受けて頂ける、非常にソフトな施術です。

 

 

3. のべ6万症例を改善してきた院長をはじめベテランの治療家が施術

骨盤・姿勢矯正コース

豊富な知識と高い技術を持ったベテランの治療家が施術しますのでご安心ください

 

 

4. 再発予防もバッチリ!充実のアフターフォロー

アフターケア

更なる施術効果のアップと再発予防のため、普段の食事や睡眠、歩行や運動などのセルフケア指導も充実。

 

 

5. 全身を整える施術だから様々な効果が期待できます

様々な効果

「痩せやすい身体」「運動や仕事のパフォーマンスUP」「ポッコリお腹改善」「ヒップアップ」「ウエストサイズダウン」…など様々な効果が!

 

 

6. 院長は全国の治療家に技術指導しています

セミナー

業界内でも症状改善の技術が評判!当院院長が主催の技術セミナーには、全国から多くの治療家が参加しています。

 

 

7. 多くの雑誌で紹介される東京でも有名な接骨院です

ee01f060-746a-11e8-bef3-0b59db2b7258_ee023e80-746a-11e8-bef3-0b59db2b7258_thumb

当院は人気女性誌mina(ミーナ)やからだにいいことなどでも紹介される、東京でも指折りの接骨院です。

 

 

8. 完全予約制なのでお待たせしません

完全予約制

お客様をお待たせする事がないよう、完全予約制を採用しております。

 

 

お試しキャンペーン

 

7月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

もんま式整体コース

2セット 1,980円
(通常 1回 7,000円×2回=14,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

tel:0336162312予約フォーム夜20時まで営業/京成曳舟駅 徒歩8分

 

曳舟で整体なら「もんま接骨院」へ PAGETOP